離婚に詳しい人より、上司の好きな球団に詳しい人のほうが出世すると思う。

離婚をメイン商品として品揃えしております、センスが光る!こだわりの逸品をお得に♪

慰謝料請求にあたって、ひとつ大きな懸念がありました。

これはだいたいどのケースでも焦点となる部分でもあるそうなのですが、

浮気の慰謝料請求とはつまり、

不貞行為による損害賠償請求のこと。

不貞行為があることが大前提のハナシです。

探偵に依頼した人などは、車内でキスするところや、

ラブホの出入り写真は、ぜひぜひ押さえておきたいショット。

他には、オットと浮気相手のメールのやりとりも有力だそうです。

肉体関係があることをうかがわせる内容なら、最高。

そこまでダイレクトな内容でなくても、頻度が高ければ親密さの証明になるそうです。

慰謝料請求(または離婚調停)に立ち上がる妻たちは、

これら証拠を武器として出陣するのですが、

なんと、私はこの時も武器なしの丸腰。

つまり、証拠となるものが何もなかったのです。

(当事者双方からの証言・録音記録なし)

仮に、アユラが不貞行為の事実はない、一度も肉体関係などもっていないと

言い張れば、私はオットと浮気相手の肉体関係を立証しなければならなくなるのです。

オットと他の女性のセックスを立証しなければ、私は負ける…。

なんて皮肉な状況でしょう!

そもそも、あいつらが人に隠れてセックスしたせいで、こんなことになっているのに、それでもその証拠をなんとか見つけなければならない…、普通の神経では、なかなか厳しいのが不倫裁判かもしれません。

何も証拠がないことは始めからわかっていたことなのに、いざことを起こすとなると、心もとない。

先生「電話は録音しておくべきだったわね。

アユラと話した計3回の電話のうち、アユラがせきららにオットとのセックスや、交際について語った一回目の電話は、今思うとのどから手がでるほどほしい会話です。

あとから調べましたが、スマホによっては会話が簡単に録音できるものもあれば、アイフォンのように通話中の会話の録音機能が標準でないものがあります。

自分に不利なものはあとから消すこともできますが、とりあえず先方と会うときや電話で話す時は録音することは基本かもしれません。

最後の望みは、オットと浮気相手の通話に関する記録でした。

先生「メールの内容も全部取り寄せできますよ。ケータイの会社に頼んだらいいのよ。」

初耳でしたが、先生のハナシではこちらから送ったメールの内容も受診したメールの内容もデータでもらえるということ。早速、携帯会社に問い合わせしてみましたが、あっさりそのようなサービスはない、とのことでした。

先生に伝えると「あら、そうやった?」のひと言。

(大丈夫やろうか、この先生…)

それにしても、オットとアユラのメール内容。万一取り寄せられていたとしたら私はどうしたでしょうか。きっと甘い言葉がずらずらと並ぶその文面をとても冷静には読めなかったはずです。

でも、不倫裁判は知りたくなかった真実まで知ってしまうことになります。

戦い抜いたそのあとに、清々しい勝利などは待っていないのです。

オットと愛人との密室での出来事を、大の大人がよってたかってその扉を開けるのです。

決して誰も無傷では、戻ることはできません。

離婚を極めるためのウェブサイト10個

お久しぶりです。

ドラマご覧になりましたか?

視聴率がいまいちの出発とはなったようですが、ドラマのストーリー(会話)はとても面白かったので、まだまだ期待できそう。そこで、一部分ですが、ストーリー紹介も兼ねて、面白かった会話を翻訳してみました。

翻訳が下手なせいで面白さが半減しているとはおもいますが。そこは大目に見てください。

では、第一話。

ハムドゥリ(結納)の夜

新郎の到着を待つスジンと母。

その二人の姿を隣家から眺めるポンピル。

ポンピル28歳。

公務員試験受験3年目。

全ての事態の主犯であり主人公。

「僕の恋は、あの空の流星のように消えてしまった。

28年間経過した父の山参酒のように、誰しも時間の経過とともに甘みが増すことを願うが、僕の胸に漬けこんだ恋は、毒杯のようにとても苦い。」

「ハム(結納品の入った箱)買ってください」

ハムドゥリの一行が到着した模様だ。

「スジン。そう28年だ。28年前、『俺たちの愛』が始まったと俺は信じてる。町内の産婦人科で、三日違いで生まれた俺たちは、すでに28年前から同じベッドに寝ていたわけだ。

ところが、今か今かとチャンスを狙っていた俺にとって、たった数か月交際しただけの男との本格的な結婚発表は衝撃的だった。人生でチャンスはたった一回。人生は決して望み通りに進まないものなのだ。」byピル。

愛、バスは発車する。

ハムドゥリの儀式で賑わうスジンの家の前に泥酔したピルが乱入する。

「うるさくてたまんないぜ~。町内貸し切りにでもしたのか~、こんな夜中に~」と因縁をつけるピルだったが、彼をを無視したままハムドゥリは続いた。

「今何時だと思ってるんだ!?」と言えば「9時」と言われ一瞬ひるむも、ピルの八つ当たりは続くのだった。

すると・・・

「や~!」の声とともにスジン登場。

カンスジン、28歳。町内のファムパタール。

ピルのベアトリーチェだったが、結婚まで残すところ一週間。

「や~!」今度はピルの両親。(写真見つからず)

大分前に息子を放棄した定年間近な郵便局長と主婦。

大切にしていた山参酒をピルに飲み干された怒りを込めて、空瓶をピルに投げつける父だ。

小学3年

「あ~、思い出す。愛を知らなかった獣が、ついに人間になった日。小学三年。スジンが初めて隣の席になったとき、俺は急に愛というものが何なのか気づいた。俺は気づいたことを、当時としては多少過激だが正直に表現したのだが…その時の僕は進歩的で、スジンは保守的だった。結局スジンは隣の席になって二時間後転校すると言って泣いた。それで、僕が責任を取るとなだめたら(平手打ちパシッ)・・くそ!その時からこじれたんだ。」

ピル家の朝。

朝食の準備中の母とお札を数える父。

「かあさ~ん。とうさ~ン。とうさ~ん。?・・・かあさ~ん?」小遣いをねだろうとするピルの気配にいち早く気付き、素早く身を隠す両親。とあきらめの早いピル。

「夕べ、ハムドゥリで暴れたんだってね。そりゃ、胸も痛むわよね。28年間うんこの傍の蠅みたいに、まとわりついていたんだから。」と口の悪いユンジンスク。28歳。

ピルと同じ町内で生まれ育つ。やることなすこと失敗ばかりの女友達。

力なく「タバコくれ」というピルの催促を無視するように「結婚式に何着ていこう」etc結婚話ばかりしてピルをいらだたせているのは、公務員試験準備生のチョソクテ。28歳。

公務員試験準備生6年目。人生に全く可能性が見えない。

「倍率268:1だって。多分、公務員試験準備中のまま30超えそうだよ。」etc。今度は公務員試験話ばかりのソクテに、「9級(末端)公務員試験うける分際で、公務員試験、公務員試験ばかり言ってるな。昔から言ってるだろう。だめなものはダメなんだ。夢は寝るときにだけみてくださいね。」と嫌味を言うピル(ピルも9級準備中)だったが「俺が見るにお前だって、生まれ変わってもダメさ。スジン見てみろ。お前があれほどまとわりついても、他の男と結婚・・・」と反撃さてしまう。そんな二人を見ていた公務員試験準備生は、7級準備中。うなだれる二人だった。

ジンスクのフードドラック前。

残り一週間。結婚をダメにするには「新郎を殺せ」というジンスク。

「ピルならできるさ。心配するな。ほら、昔陸上部で、1000メートルで転んで全国大会行けたのにダメにしたじゃないか。ピルはダメにするのが上手なんだ。生まれ持ったものさ。」余計なチャチャを入れ、顎をやけどするソクテ。

場所は変わり屋上。やけどの治療中。

や~、お前がスジンをどれだけ苦しめたと思ってるんだ。28年じゃなくて280年待ってもだめだ。お前は。」ダメ押しするソクテだ。

「今まで胸にためこんだ思いだけを考えても告白しなくちゃ」とスジンに電話をしようとするジンスクだが、「告白してどうなる。初夜は目の前だってのに。」とピルにとめられる。すると「初夜かどうかなんてわかんないでしょ。」と、ソクテにとどめを刺されのたうち回るピルだった。

「もう一度やり直すチャンスって無いかな?」必死のピルに、ソクテは離婚するまで待っていろ。最近は結婚も離婚もスピーディーだっていうじゃないか。流行だって。流行。流行に乗らなきゃ。トレンディーに。」とアドバイス(?)をする。

立ち去るピ
ルを見ながら「スジンだけが女でもないだろうに。」「あいつのせいで今日も勉強できなかった。」「6年やってもダメな勉強。今日一日できなかったからとダメージあるわけないでしょ。」「勉強は流れ(リズム)なのに。お前もいつかは結婚するんだろう?」「さぁ」「俺はお前が誰と結婚するか本当に気になる」「あんたではないわ」「誰がお前と結婚するって言った?」慌てたソクテは灰皿代わりのカンを口にする。…微妙な関係の二人・・・三人?

スジンの仕事部屋。

パクチェヒョン。31歳薬剤師。スジンの婚約者であり、ピルの不倶戴天の敵。

二人並んだウェディング写真を見ながら「私どうして笑わなかったんだろう。この写真使えない。疲れてたのかしら?」「かわいいじゃないか」「これ見て、チェヒョンさんはこんなに笑っているのに、申し訳なくなっちゃう。」一緒に写真を撮ってくれるだけで十分に感謝してる」

「昨日のハムドゥリ騒がしくてごめんね。」「大丈夫。歴史的な結婚なんだからあれくらいのハプニングなんて。でも、あいつちょっと怖かったな。一週間だけ我慢して。僕が、この変な街からお前を救い出すから。」

微妙な表情を見せるスジンと、帰り際婚約者の電話に表示されたヨンジュ(女性)の文字。

スジンと婚約者の前には、ピル以外にも厄介な存在がいるのかも?ピルファイティン!

レンタルビデオ店

オダルス。29歳。町内の兄貴。一時、映画学徒う、賢い。でも、単に賢いだけ。

「悲しい恋のストーリーだけど見るか?お前の話と似ているところがたくさんある。一時恋人同士だった二人が、それぞれの夢のために別れることになり、結局女は別の男と結婚することになる。…どうして来たんだ?」

「通りがかったから」「「兄貴普段のお前の通らないとこだけど。ここは。」、質問してもいい?兄貴は映画たくさん見ただろう?映画では結婚をどうやって食い止める?」しっかりしろ、映画は映画で現実とは違う。だけど、こうなったら痛めつけるとか・・・それより、どうしてお前が食い止められないんだ?俺はそれが不思議でしかたない。」

「結婚するとは思いもしなかった。俺は招待状ももらってないんだ。」「招待状か」どうして俺には送らなかったんだろう。」「そうじゃなくて、招待状にに執着するお前が意外だというんだ。招待状を受け取るということはゲームがすでに終わったということで。その前に気付かなくちゃだめだろう。」「そうなのか?」「現代の戦いは情報戦だ。情報ではもう負けた。ここでゲームは終わったということだ。」「兄貴。ほんとに知らなかったんだって。スジンにボーイフレンドがいることは知ってた。でも、こんなに早く結婚するなんて誰がわかるってんだ!」「思い出せ12艘の船。イスンシン将軍は12艘だけでも希望を失わなかった。まだゲームが終わったわけじゃない。あの棚に「二回の結婚式と一回の葬式」という映画がある。結婚式場で式を台無しにするんだ。5分後に何が起こるかなんて誰にも分らない。それが人生だ.。かっこいいぜ俺。」byダルス。

そこに、共同経営、同居を進行中のホンジョンエ28歳登場。

ピルとは犬猿の仲。

「ブラボ~、ほんとかっこいい。・・・・また来たのね。スジンに招待状貰った?新郎、背もほんとに高くてほんとハンサム。そのうえ稼ぎもいい。」

「背が高くて金も稼いで、そんな奴がどうして結婚で青春をぶち壊すなんて」byダルス。

居ても立っても居られないピルだが、それでも帰り際、ジョンエへの反撃を忘れないピル「兄貴。知ってる?こいつ小学2年の時教室でうんこをどっと漏らしたんだ。」

高校時代。

「その日は、俺の誕生日三日後。スジンの誕生日だった。俺はスジンのために最高にバラエティーに富んだ誕生日パーティーを準備して、嫌がるユジンを無理やりパーティー会場に連れて行った。」

「毎年チョコパイネ。プレゼントは?」

「じゃ~ん。」

パーティーのフィナーレを爆竹で飾ったのだが、事件の発端だった。

「お前ら何してる!」パトカー到着。

「その日俺は、スジンに初めて派出所見学をさせ、調書も初めて書かせた。そして、結婚式でもなければ集まることのない両家の両親も来ていただいたため、とても盛大なパーティーになった。本当にバラエティーに富んだ誕生日パーティーだったのに、忘れてしまっただろうか?」

スジン、一人裏山に写真撮影に出向くがカメラを忘れたことに気付く。その後省略。

カフェーでの会話。

ジョンエ「結婚を止める方法を聞いてた。オッパに」

ジンスク「私にも聞いてたけど?」

スジン「まったくピルったら、」

J「まさか、私がコーチしたこと実践しないよね。殺せって。あんたの新郎。」

「ところで、どうしてピルに招待状渡さなかったの?」

「え?郵送したんだけど。」

「隣に住んでいながら」

「みんなと同じように直接渡そうと思ったんだけど。そうしてた。」

「どうして?」

「どうしてって、ピルがスジンが好きだと追いかけまわしてたじゃない。あんたがダルスオッパとけっこんする時、クギルオッパに招待状直接渡す?」

「まさか~。誰が好きになってって言った?興味もないのに。」

「スジンもそんなとこよ。」

「あ~。」

「私にどうかできるやつだったら、とっくに人間にしてたわ。もう方法がない。一週間だけ耐えろ、スジン」

ビリヤード場

ヤングギル29歳、町内の兄貴。力持ち。単純ばかだが善良な人柄。

ゲームを楽しむ少年を眺めながらピルが呟く「あの頃ちゃんとしてりゃ、今頃こんなことには・・・」

「俺もそう思う、チョンエ奪われたとき同じ気分だった。男の涙を沢山流したさ。・・・」

「そんな話より。。良い方法ないかな?」

「なに?」

「俺、スジンと結婚しなくちゃ。だから、いい方法ない?」

「お~?一週間後に結婚するのに~…」と言いつつ「答えは速度・・陸上やってた時お前をよく見てただろ?お前は爆発的なスピードを持ってるんだけど、問題はスタートが使えない。」

「だから方法は何なんだよ。」

「爆発的な速度違反(できちゃった結婚)。芸能人だって記事みりゃそうだろ。だからお前も速度を出して。」

「もういい。もういい。ちょっと錯覚してたんだ。この町内に正常な人間がいるかけなかったのに、悩み相談をするなんて、俺がおかしいのさ。」

本当にろくな人間がいないようだ、(笑)

ソクテの家。

ソクテの机の上には何故かポンピルに宛てた招待状が。

ピルに渡すことなく招待状を机の引き出しにしまい込み不気味に笑うソクテだが、その引き出しには、他にもピル宛の手紙があった。

スジンの仕事場。

「来たの?」

「誰を待っていたのか知らないけど、渋い表情だな。スクープ写真とか金になるのか?」

「UPしても売れない。」

「急に結婚するなんて言うから、ヒット作でも出たのかともったよ。俺も、公務員試験準備止めてやろうかな。写真撮ってサイトにアップして売れれば金になるんだろ?」

「撮ればいいってもんじゃないでしょ。要件は何なの?」

要件・・・それは・・・「28年間お前だけを見つめてきたのに。お前を見ると今でも胸がときめくんだ。俺の気持ちわからないのか?其れなのに、何も言わず急に結婚するだなんて。」カッコよく抱きしめ告白をしたピル。・・・は単なるピルの妄想で、

昨夜の騒ぎに関して「親しい友達だから理解して」とあやまったと話すスジンの何気ない「友達。」という言葉にショックを受けるピルだった。

「友達ならどうして、招待状来れないんだ?」

「まだ届いてないの?郵便局長の息子の息子の癖に手紙一つまともに受け取れないの?」

「もういいよ、隣に住んでるのにもらってもゴミになるだけだ。結婚するからうれしいか?」

「嫌なら結婚しないでしょ。来るんでしょ?」

「忙しいから時間あるかな。」

「うちの町内であんたほど暇な人いないでしょ。必ずきて祝ってちょうだい。敵みたいな友達なんだから。」

この焼けつくような(熱い飲み物のせいもあるけど)胸をどうすれば冷やせるのか。

「愛してる。四文字で済むのに。好きだ。って言えば済むことなのに。」

「スジンを送り出す。送り出せない。諦める諦められない。」

バットを振り回しながら悩むも「諦めるなんてできない。送り出すなんてできない!」

「こくはくするぞ~!」と決心したピルは風のように走り出すのだった。

両親の姿も目に入らぬほど一目散に。

「止められる。止められるぞ!!!俺にはまだ一週間残されているから!」

ところが、仕事場にも、家にもスジンはいない。電話では話せないことだとスジンの母に訴えると・・「スジンに電話して居場所を聞けばいいでしょ?」とアドバイスされ納得。「結婚まで一週間しかないんだからスジンを困らせないで」というスジンママの言葉も上の空に電話をかけ始めるピルだった。

だが、スジンは電話に出ない。電源が切られた状態だ。

ピルの妄想が始まる。

「初夜」

焦るピルに友人の声など届くはずもない。

そんな様子を見た友人たちは

「始まった」「結局事件を起こすんだな」「これで町内が騒がしくなる」と口にするのだった。

薬局に飛び込む。

「ここで働いてる薬剤師どこにいますか?」

「ここにいるでしょう」はげ頭の薬剤師が答えると

「頭の毛がちゃんとくっついてる若いやつです。今。ある女性の一生がかかった絶体絶命の状況なんです。最近招待状貰ったでしょ。」とデリカシーの欠片もない発言をするピルだ。

「帰ったけど?」「その人の電話番号。」コンドームを目にしてさらに焦るピル。

婚約者も電話に出ない。またしてもピルの妄想が!

次にむかったのはモーテル。あっちのモーテル、こっちのモーテル。

スジンは見つからないうえに、びしょ濡れになったピル。

傷心のピルが、とぼとぼとモルティバン(DVDを鑑賞したりできる娯楽施設)の前を通りかかると、そこから仲睦まじくスジンと婚約者が出てくるではないか!。ピルに衝撃が走る。

「金がなかったのか?何歳だと思ってるんだ。未だにモルティバンで(若い子たちはモーテル代わりに使ったりもするらしい)」

「何言っているのよ」

「おまえは重要な話をしようと思うといつもいないじゃないか。電話にも出ないで、隣に住んでても一日中姿も見えないし。いつもそうじゃないか、お前は。」

「あの~」

「うるさいんだよお前は。俺はスジンと話しているんだ。」

「何の話か分からないけど、落ち着いて話しましょ。」

「代弁人かよ。スジンがお前のものだってのか?そこでスピード出そうってつもりか?」怒りがこみあげ涙まで出る始末だ。

「何言ってるのよ。いったい。」

「薬剤師のくせに金が無くて、スジンをこんなところに連れ込んだのか?星五つ級。いや、星四つでも。俺なら金を借りてでも。あ~」

「泣かないで落ち着いて。何の話かさ
っぱりわからないだろう。」

「お前は結婚まで一週間なのに。結婚してからすればいいだろ。たった一週間待てないのか?俺は28年間も待ったのに。この、モルティバンみたいなやつが!!!!」

「ここはどこだ?」

「お前薬剤師と喧嘩したの覚えてないのか?気絶してヒョンがおぶってきたんだ。」

「一発で気絶するか。」

「病気にさせて薬をくれるとは言ったもので、薬剤師はさすが違うな」

薬剤師の薬はあってもスジンの姿は見えないと思ったら、薬剤師の婚約者に電話中だ。

「だからと言って殴る?ピルは未だに目を覚まさない。・・友達だと言ったでしょ?」

ピルのせいで婚約者と喧嘩になったのだという。

「なら、結婚しないって?」一瞬喜ぶピルだったが・・・

「このままじゃだめだ。ほら立て。町内の若いやつ集めろ。薬剤師をやっつけに行こう。うちの町内を馬鹿にして」熱血漢の単純クギルが立ち上がる。

「告訴のほうがいい。診断書かいてもらって理性的に対処しなくちゃ。その方が金にもなる。」「この程度jだめでしょ」「なら、殴られたところをもっと殴ってもっとケガさせるんだ。」勝手なことをほざく町内のお仲間たち。

「ファミリーが集まるのも久しぶりだな。」「勉強するのに酒飲んだらまずいんだけど。」「酒を飲むときは勉強しなきゃいいだろう」「あ~、その通りだ。」「お前早く勉強止めろ、頭より体の方がましだ。身体で生きろ。」

そんな話より、ピルはスジンが心配でたまらない。

ピルはスジンを家に送ろうとするが、一緒に酒を飲もうとピルに提案するスジンだった。しかし

「スジンが遅くなると、お前のママが電話してくるじゃないか。他の奴らと楽しみながら、問題が起きれば全部俺のせいだし。12時になる、送ってくよ。」というピルの言葉に家に帰るスジンだった。

「ごめん。昨日もきょも。いろいろと」

「昨日今日のことでもあるまいし・・・・受け取ってないという招待状、今あげる。受け取れなかったのか、受け取らなかったのかは知らないけど。・・・ポンピル重要な話ってなに?さっき言ったでしょ?重要な話があるって。だから探し回ったって。今話して」

「だから、実は・・お前に会うたび・・・」

「会うたび・・」

「おれ小便したくなった。」

「え?」

「いや、スジンを見るともよおすんじゃなくて、今したくなった。今日は一日中走り回っててトイレに行ってないんだ。・・ちょっとしてくる。

「なんですって?」あっけにとられるスジンを残してトイレに行くふりをするピルだったが・・・・・

「言いたいこと沢山ありすぎて、どこから始めればいいんだか俺にもわかんない。

愛してる。愛してる。この一言で済むと思ってたけど、それだけじゃ足りない。言いたいこと、ほんとにたくさんあるんだ。お前を見ると、俺の胸は狂ったように踊りだすのに、でも今になって告白したところでなんになる。愛。そんなものが今何を変えられるっていうんだ。」

そんなピルは何時になっても戻ってこない。待ちくたびれたスジンはピルを探しに行くが、そこにピルの姿はなく招待状だけが残っていた。

一方ピルは、マンホールでタイムスリップ中。

ピルが目覚めた場所は・・・・学生服を着たスジンたちのいる教室だった。

ついでに、ドイツに行ったこともないドイツ先生ゲシュタポ37歳未婚までいるなんて!!!

衝撃の展開・・・続きは第2話で。

エピローグ(宇宙人?の会話)

ここはどこだ?ソウル?どうしてこんなにごちゃごちゃしてるんだ。息苦しい、他に行こう。

出発。

わ~、この子ほんとにかわいそうな顔してる。なんて顔だはっはっは。

お、攻撃してくるつもりか?だめだ、武器を準備しろ!

[広告] 楽天市場
  • 【中古】 離婚のことばハンドブック いますぐ解決したい人のキーワード152 /露木幸彦【著】 【中古】afb
  • 男性のための離婚の法律相談 (法律相談シリーズ) [ 本橋美智子 ]
  • 離婚調停の技術 [ 飯田邦男 ]
  • 【中古】 「いつか離婚したい」と考えているあなたへ 子どもが大きくなるまで、夫のわがままを許しますか? /武石晃一【監修】 【中古】afb
  • 男性のための離婚の法律相談
  • 読書で離婚を考えた。 / 円城塔 【本】

コメントは受け付けていません。