あがり症の改善

人は自分の経験で行動を制限してしまうことが少なくありません。
あがり症もその一つと考えることができます。
人前で恥ずかしくなって言うべきことも言えなくなってしまう人はあがり症で仕事がスムーズにいかないかもしれません。
ただ、あがり症を改善することができれば、それで自分の行動の幅が広がることは間違いありません。
リラックスするためにできることを考えてください。
例えば腹式呼吸です。
腹でゆっくりと深呼吸をすることで気持ちを落ち着かせることができます。
あがり症の人の特徴は周りの視線を気にしすぎることです。
もちろん、その必要がないことは頭ではわかっています。
しかし、それが行動にできないためにあがり症になるのです。
改善方法はインターネットにたくさん掲載されています。
それを読むだけで改善できるわけではありませんが、何もしなければあがり症が治ることはないでしょう。
人前で何度も話すうちに、だんだんと慣れてくることはあるでしょう。
慣れとは鈍感になることです。
周りからの刺激に対して鈍感になるのです。
それが結果的にいいことなのかどうかは、自分で判断しなければなりません。
あがり症を改善することで何かを失っているかもしれないのです。
仕事の内容によって、あがり症を改善しなければならない場合は少なくありません。
しかし、あがり症を無理して改善しなくてもいいのではないでしょうか。
自分の可能性を考えればいいのです。
人前で失敗する自分をほめてあげましょう。

コメントは受け付けていません。