あがり症と不安感

不安感があるとどうしてもあがり症になってしまうのが人と言うものでしょう。
どんな時でも冷静でいられる人は少ないのです。
不安とは自分に対することかもしれませんし、結果に対する不安かもしれません。
スポーツの大事な場面で失敗することができない状況であれば、改善することは難しく大きな不安になることでしょう。
あがり症でなくても不安なことはたくさんあります。
それをわざわざ頭の中で思い出してしまうのです。
それがあがり症に拍車をかけてしまいます。
このような自分に嫌悪感を持っている人も多いでしょう。
不安を解消するためには、その原因を知ることが大切です。
原因を取り除くのではなく、知ることだけでいいのです。
人の心は思った通りにはなりません。
それは自分でわかっているでしょう。
心配ことがなくても、自分が失敗した時のことを考えて不安になるのです。
不安のない人は誰もいません。
しかし、不安よりももっと大きな希望を持ちましょう。
明るい未来を考えるのです。
あがり症にならない人は、現実のことを忘れて新しいことを考えられる人かも知れません。
人それぞれに対処法を考えているでしょう。
ただ、それが自分に取っていいことかどうかはわかりません。
仕事の中であがり症のためにできなかったことがたくさんあるはずです。
そのできなかったことを取り戻すために、これからできることを考えてください。
あがり症で失敗することは当たり前ですから、それをいい経験として自分の改善を目指しましょう。

コメントは受け付けていません。