あがり症の改善のポイント

昔のテレビ番組であがり症の改善方法を紹介していました。
ツボを押さえる方法です。
左手の薬指全体を右手で握ったり離したりする動作を1分間続けます。
痛くない程度にリズムよくやるのです。
これであがり症は改善する人が多いと言われているのです。
その理由を考える必要はありません。
神経が落ち着くのかもしれません。
あがり症の原因を考えても、それが解消できなければ改善することはできません。
難しく考えるのではなく、他の人が提案している動作をやってみることが大切です。
あがり症に効くツボと言うものが本当にあります。
ただ、急に思い立って押さえてもうまくいきませんから、日ごろからやっておくことをおすすめします。
それは頭が慣れてくることも理由の一つかもしれません。
毎日やっている習慣なら、不安感を持つことなくできるからです。
発表会や面接などであがってしまわないように、事前に練習することが大切です。
慣れることで解消できるなら、あがり症ではないのです。
端に不安を感じているだけでしょう。
緊張しても大丈夫、失敗を恐れない気持ちを持ってください。
そこからだんだんと応用していくのです。
失敗よりも成功を考えてください。
不安に思っているのはあなただけです。
周りの人はあなたのことなど見ていないのです。
頭で考えるのではなく、体を動かすことがリラックスにつながります。
日常やっていることを無意識のうちにやりましょう。
ただ、適度な緊張は自分の気持ちを奮い立たせるために必要とも言われています。

コメントは受け付けていません。