緊張とあがり症

緊張すると手が震えたり、冷や汗をかいたりします。
これは人として自然なことですが、緊張してはいけない場面で緊張すると、何事もうまくいかないのです。
あがり症の人も同じ状況です。
程度の差はあっても、心の動きは同じだからです。
大舞台で緊張のために失敗した経験を持つ人も多いはずです。
そのために練習をしているのですが、練習での改善と本番は違うのです。
違うとあなたの頭が意識しているために、本番で失敗するのです。
あがり症の改善については、たくさんの本や情報があります。
いろいろなことを試した人もいるでしょう。
最終的にはあなたの心がどう考えているかにかかっています。
ただ、一つ言えることは経験によって人は成長すると言うことです。
あがり症も経験によって克服できるのです。
若い時はうまく話せなかった人でも、何度もやるうちに緊張しなくなります。
緊張しないと言うことは鈍感になっていると言うことです。
そのことに気を使わないのです。
そのこと自体がいいことかどうかと言うことではなく、あなたの目的が人前で冷静に話すことであれば、目的を達成したと言えるのかもしれません。
家の中ではあがり症になることはありません。
しかし、家族と他人は違うとあなたの頭が思っているのです。
それは事実なのですが、問題にすべき点かどうかと言うことでしょう。
適度な緊張をすることで物事がうまくいくことも少なくありません。
しかし、適度な緊張を保つことは簡単ではないのです。

コメントは受け付けていません。