小学生のあがり症の改善

小学校の時には作文の発表など、恥ずかしい思いをしたことがある人は多いでしょう。
その時のことがトラウマとなって大人になってもあがり症が改善しない人もいるのです。
ただ、いつまでもあがり症を引きずることは人間としていいことはありません。
何とかしてあがり症を改善したいと思うのです。
クリニックや精神科など病院であがり症を改善できる場合があります。
また、話し方のセミナーなど講習を受けることで、自分の心構えを改善すれば、それがあがり症の改善につながると説明されるでしょう。
どれも正しいことばかり言われています。
ただ、それを実践できないために苦労しているのです。
頭で考えた通りに行動できないことがあがり症なのです。
小学生にそのことを説明しても難しいかもしれません。
練習をして恥ずかしくないようにするか、それともあがり症だけれども何とか乗り越えようと努力するなどの方法があります。
あがり症は理屈ではありません。
ただ、何度も同じことをやっていくうちに慣れてくることは誰でも経験しているでしょう。
それは大舞台でも同じことです。
あなたが何かの選手なら、ここぞと言う時に実力を発揮できるように練習しておきましょう。
それが一番です。
いろいろな場面であがり症のためにうまくいかないことがあるかもしれません。
すべてをうまくやろうと考えるのではなく、その中の一つをクリアしましょう。
そうしてだんだんとあがり症を改善していくのです。
いきなり、すべてがスムーズにいくはずはありません。

コメントは受け付けていません。