あがり症を解明する

あがり症のメカニズムを解明することは心理学の役割でしょう。
ただ、それが解明されたからと言って、あなたのあがり症が改善されるわけではありません。
そこであがり症を改善するために何ができるか考えてください。
子どもの時にはあがり症だったけれど、大人になるといつの間にか改善していると言う経験を持っている人は少なくありません。
中学、高校、大学と場数を踏むことによって、人前で話すことに慣れてくるのです。
それがあがり症を改善することにつながります。
あなたがあがり症で悩んでいるなら、まずは慣れるための訓練をしましょう。
気持ちを落ち着かせる技を調べることもいいのですが、それよりももっとたくさん練習してください。
言葉を覚えておけば、スムーズに話をすることができます。
日頃から緊張が必要な状況を作ることもいいでしょう。
恥ずかしいと思うからあがり症になるのです。
もちろん、仕事などでどうしても話さなければならない状況は出てきます。
その時になって慌てるのではなく、練習の時から慌てておけばいいのです。
そうすることでだんだんと慣れてきます。
これが経験と呼ばれるものでしょう。
場数を踏むことであがり症が改善した人はたくさんいます。
理屈ではありません。
心理的な心の動きを知るのではなく、自分がどうしたいのかを考えてください。
意外と簡単にあがり症が改善するかもしれません。
これまで難しく考えすぎていたのです。
多くの人の経験談を読むとわかるでしょう。

コメントは受け付けていません。