あがり症の原因

あがり症になる人とならない人がいます。
そのためあがり症には何かの原因があるのではないかと考えられてきました。
しかし、状況によってあがり症になる場合があるのですから、個人的なことが原因ではありません。
誰でも心の中は緊張するのです。
それが、顔に出てくるかどうかの差でしょう。
顔に出てくると、それが加速的にひどくなっていき、声も出ないようになってしまうのです。
あがり症はあなただけの悩みではないのです。
プロの野球選手でも試合になると緊張します。
フォアボールばかりを出してしまう投手もいるのです。
あんなに経験を積んでいても、あがり症は簡単に治らないのでしょう。
ただ、自分はあがり症だと開き直ってしまうことが良い結果を生むことも少なくありません。
あがり症を改善したいとしてもそのことを隠したりしないことです。
薬や病院で改善できると考えている人は、その原因をもっと深く考えてください。
あなたの頭の働きがあがり症を作り出しているのです。
気を落ち着かせるために腹式呼吸をすることがいいと言われています。
確かに、そうでしょう。
自分の心の中の不安と向き合うのではなく、別のことに気持ちを集中させることがあがり症を改善する簡単な道です。
もちろん、頭で考えるほど簡単ではないことはあなたがよくわかっているはずです。
ただ、何かをして状況を改善しなければ、いつまでたっても変わりません。
子どもの時にはあがり症だった人でも、大人になるにしたがって改善していきます。

コメントは受け付けていません。