あがり症と日常生活

日常生活は何の問題もないのに、人前に出ると赤面してしまう人は少なくありません。
典型的なあがり症ですね。
あがり症を改善したいと考えるなら、日常生活はなぜ緊張しないかを考えてください。
自分がやりたいことをやって、何の不安もありません。
その状態を作り出せればあがり症を改善することができます。
日常生活で緊張している人はいません。
そのことの意味を知ってください。
漠然とした不安を持つのではなく、希望を持ちましょう。
リラックスすることがあがり症を改善させる一つの方法だと言われています。
それは確かなことのようです。
多くの人がそれを経験しているからです。
緊張しそうな場所に行った時でも、それが自分の日常だと思ってみませんか。
気持ちを緊張する対象から遠ざけることが大切です。
全く別のことを考えてください。
その一つとして腹式呼吸があります。
腹に力を入れると、気持ちを腹に集中させることができます。
それが改善につながっていきます。
ただ、それは難しいことかもしれません。
頭で考えている通りにできるなら、あがり症などにならないからです。
そのため、頭で考えることはやめましょう。
あがってもいい、それくらいに考えてください。
開き直ることです。
また場数を踏むことであがり症を改善できます。
いろいろな場面をたくさん経験した人は人前でも落ち着いて話ができるのです。
子どもの時から話し上手だったわけではありません。
それだけ苦労しているのです。
何の苦労もせずにあがり症を改善できると思う方が無理でしょう。

コメントは受け付けていません。