おばさん太りは30代から?! その1

PR

女性にとって体型を気にする方は多いですよね。
若い人は若い人で、ダイエットを意識して自分の目指す・理想とする体型を維持しよう、なってやると意欲と希望をもって取り組んでいますし、健康上の問題で痩せる必要がある人もいます。
ですがそんな中でも、年を重ねていく中で誰もが体型を気にするという年代があります。
それが新陳代謝などの低下によって訪れる体型の崩れ。
多くの人が40代半ばあたりからこの体型の崩れ、いわゆる『太った』と実感しているのだそうですが、実はこの太ったと感じる体型の変化は、それよりも前の年代、30代の半ば頃あたりから既に体型は崩れていき、徐々に太っていっているのだそうです。
この変化は少しずつなので、普段自分を見慣れているとあまり意識しないもの。
ですが時が経過し、ふと鏡に映る自分の全身を見た時に、「えっ?私の体型ってこんなだっけ?」と気づくのです。
ですので、多くの方が40歳前後を迎えた頃、平均的に6~10㎏ほど太ったと気にするようになります。
中には10㎏以上太ってしまったという人もいます。
これが、巷でいわれている”おばさん太り”と呼ばれるもの。
今回は、この”おばさん太り”に焦点を当てて、その解消方法はもちろんですが、原因などのメカニズム等も解説し、気になる体型を改善していきたいと思います。
●太った理由●
それでは、どうして太ってしまったのでしょうか。
まずは自分が意識している原因と、身体の中の原因が一致しているのか、そこから考えてみましょう。

3種類のプエラリア配合バストアップサプリ【ボンキュート】

4161

コメントは受け付けていません。