下半身太りの原因

PR

女性は皮下脂肪がつきやすいため、下半身が太りやすい体質です。

実際に下半身太りになる原因として3つの理由が挙げられます。

1つは、代謝量が低下していること。

もう1つは、下半身が脂肪太りになっていること。

もう1つは、むくんで太っていることです。

下半身太りの原因を知ることで、それに合った適切な下半身の痩せる方法を知ることができます。

代謝量の低下とは、つまり体をあまり動かしていないということです。

体の中でエネルギーを使わないので、その分体内にどんどん溜まっていってしまうのです。

年をとるたびに、人は基礎代謝が低下していくので、ある程度は仕方のないことです。

下半身がすっきりときれいに痩せている人は、この代謝量をなんらかの方法であげているはずです。

ウォーキングをする、簡単なエクササイズをする、といった痩せる努力をしているのです。

下半身が痩せる方法のポイント、それは脂肪を燃焼させることです。

軽い運動でも効果があります。

体のむくみは、血液の流れが悪いと、リンパの流れも悪くなることで起こります。

流れの悪くなったリンパが下半身に溜まるため、下半身が太る原因となるのです。

そのためむくみを解消させることで下半身を痩せさせることができるわけです。

むくみを解消する方法としては、血流が悪くならないように同じ姿勢を長時間とらないようにすることです。

骨盤が歪んでいることもむくみの原因となるため、骨盤の歪みを矯正することで改善することもできます。

3種類のプエラリア配合バストアップサプリ【ボンキュート】

4161

コメントは受け付けていません。