ガウェインだとか騒いでるのは一部のブロガーだけ

PR

ガウェイン おいしさを笑顔に

第六特異点、ガウェインです。

ストーリーでも苦労しましたし、
今回もでした。
完全に編成が間違いだったと思います。
ギルガメッシュ(ハロウィンプリンセス)
孔明(天の晩餐)
フレマーリン
カエサル(サマータイムミストレス)
エウリュアレ(至るべき場所)
マシュ(魔性菩薩)
令呪使いました。
その後はAUOの宝具3発で撃破。

2万円で作る素敵ガウェイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

架空の武器

架空の武器(かくうのぶき)とは、主に・や、あるいは・・・・テレビドラマ・・などのに登場するのことを指す。実用化され実際の戦争に使用されているものは含まない。主要な架空の武器には以下のようなものがある。

 

目次

1架空の武器一覧
1.1西洋
1.1.1ギリシア神話
1.1.2北欧神話(ゲルマン神話)
1.1.3ケルト神話
1.1.4その他の神話
1.1.5文学作品・その他の伝説
1.2東洋
1.2.1日本
1.2.2中国
1.2.3インド
1.3近代の創作
1.4現代の創作
2関連項目

架空の武器一覧

この一覧では主に、神話・伝説や近代以前のに登場するものを列挙し、現代の創作に関しては、複数の創作に共通して用いられている概念や、詳細な設定があり物語の中で大きな役割を担っているものなどに限定して記載する。

西洋

ギリシア神話

  • の鎌 – が使う万物を切り裂く。
  • 雷霆・ – ゼウスが使う武器
  • 、トライデント

北欧神話(ゲルマン神話)

主になど、ゲルマン人の神話や伝説に登場するもの。選定の剣(ヨーロッパにおける神話の中で、「これを抜いたものが王となる」もしくは「これを抜いたものが英雄となる」といった、選定に関する逸話にかかわる剣のこと)など、ケルト神話に共通する逸話を持つものも存在する。

  •  – が持っているとされる武器。
  •  – 『』など北欧の伝承に登場するが木に刺した剣。逸話としては選定の剣に相当する。
  •  – オーディンが所持している槍(投げ槍)。
  •  – 血を求めるとされる剣。
  •  – 呪われた剣。アンガンチュールやヘイズレクが所有した。
  •  – の宝物のひとつとして登場する剣。
  •  – フロームンドが持つ剣。オーディンの息子の命を奪った。
  •  – が所持している。
  •  – の心臓を切り取った剣。
  •  – ルーンを唱えて作りあげた剣(とされる)。を唯一殺すことができる。

ケルト神話

一般にと称される神話、伝説に登場するもので、北欧神話と関連するものも存在する。アイルランド、ウェールズなどケルト人の神話がこれに属する。に関する伝説もこれに当たる。

  •  – アルスター伝説において英雄が使用する剣。に登場する剣の原型ともされる。
  •  – が所有する剣。
  •  – が持つ槍。
  •  – が持っているとされる投擲用弾丸。
  •  – ルーが所有する剣。
  •  – ルーが所有する槍。槍ではなく投擲技術であるとする説も。
  •  – の剣。主にフィニア伝説に登場する。
  •  – ケルトハルが持つ槍。かつてはルーの槍だったともされる。

『アーサー王物語』に登場するもの。

  •  – が湖の乙女(あるいは)から渡された剣。
  •  – が所持する剣。

その他の神話

  • () – が持つ槌。
  • 稲妻・&・()- が使う武器。

文学作品・その他の伝説[]

中世文学などに登場する武器。神話由来の物も多く存在する。中世以降に成立したとされる伝説もここに含める。

  •  – のが、退治に用いたとされる剣。
  • (『』) – 北欧神話のグラムがモデルとされる剣。が使用。
  •  – が所持する剣とされているが、アーサー王伝説に属する作品には一切登場せず、が所持していたという記述も皆無に等しい。

『』に登場するもの。

  •  – ベオウルフが使用した、ドラゴン退治の剣。ただし劇中では打撃を与えられなかった。
  •  – ベオフルフが使用した剣。より借り受けた。
  • の剣 – 劇中でグレンデルの母親を打ち倒した剣。ヨートゥンは北欧神話の巨人。

『』に登場するもの。

  •  – ディートリヒが巨人エッケから手に入れた剣。
  •  – ディートリヒが巨人グリムから手に入れた剣。のちにハイメの剣となった。
  •  – ハイメが所有している剣。
  •  – ウィーランド()が鍛え、彼の息子ヴィテゲに与えた剣。のちに(シズレク、シドレク)がとの試合で用いた。
  •  – ヒルディブランド()の剣。

『』に登場するもの。

  •  – が所持している剣
  •  – 劇中でが使用する剣。
  •  – 劇中でが使用する剣。

東洋

日本

(記紀神話)に登場する武器。

  • (あまのまかこゆみ)と(あめのはばや) – がより賜った弓矢。この弓矢は雉の鳴女(なきめ)を射抜き、そのまま高天原まで届いたとされる。
  • (あめのおはばり) – 日本神話で、がを斬ったときに用いた。
  • (あめのぬぼこ) – 日本神話ので、とがを造るときに用いた。
  • (あめのはばきり) – がを斬り殺した剣。後述ののひとつであり、大蛇を斬ったことでこの名が付けられた。尾を斬った際に刃が欠けたので裂いて確かめたところ、中から出て来たのが下述のである。
  • (あまのむらくものつるぎ) – がのから取り出した剣。のちに「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)と呼ばれるようになる。の一つであり、に奉納されている。
  • (とつかのつるぎ) – 拳10個分の長さの刀身を持つ剣。十握剣とも。神話中には複数登場するため、単に剣の長さを示す一般名詞だと考えられている。
  • (ふつのみたま) – の際にからに与えられた剣。
  • (やつかのつるぎ) – の一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3種類のプエラリア配合バストアップサプリ【ボンキュート】

4161

コメントは受け付けていません。