シャッフル おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

PR

「シャッフル」という怪物

※この映画は、ネタバレを知らないで観た方が間違いなく面白いので、M・ナイト・シャマラン監督のファンならこんな感想文は読まないで劇場に行った方が良いです。
※ただ、M・ナイト・シャマラン監督の作品を未見orそれほど好きじゃない人は、全然観なくて良い気がします。
※もし興味のある方は、過去の監督作のオマージュなどがあるので、全部を観る必要はありませんが(苦笑)、初期の3作品(、、)あたりをチェックしてから足を運ぶと、より楽しめると思いますYO!m9`Д´) ビシッ

原題:Split
2017/アメリカ 上映時間117分
監督・製作・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:ジェイソン・ブラム
出演:ジェームズ・マカボイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン、ブルース・ウィリス
パンフレット:★★★(720円/コラム2本と解説1本。デザインも良い感じ)
(あらすじ)
見知らぬ男に拉致され、密室に閉じ込められた女子高校生3人組は、監禁場所で神経質な雰囲気を漂わせた男を目にする。男が部屋から立ち去り、必死に脱出方法を思案している最中、ドアの外から男と女が会話する声を耳にした3人は助けを求めて声を上げるが、そこに現れたのは、女性の服に身を包み、女性のような口調で話す先ほどの男だった。男には23もの人格があり、9歳の少年やエレガントな女性など、ひとりの体の中で人格が激しく入れ替わっていく。そして、そんな男に24番目の人格が現れ……。(以上、より)

予告編はこんな感じ↓

70点

※この映画の感想に関しては、ので、チェックすると良いんじゃないかしらん。
※今回の感想は、やのネタバレに触れているので、知りたくない人は気をつけて!

二重人格の元祖はなんでしょうけど、あれは「人間には裏表がある」的な話じゃないですか、確か。今みたいな多重人格()設定が流行るようになったのは、やっぱりの影響でしょうか。昔、月9のドラマで三上博史さんが3つの人格を持つキャラを演じて話題になりましたけど、検索してみたら、とちょうど同じぐらいの時期だったんだなぁ…ってのはどうでも良いですかね。僕的には、の人がいるというのを信じないワケじゃないし、フィクションの題材になったりするのは好きだけど、さすがにみたいな人は実在しないんじゃないかと思ってる…ってのもどうでも良いですかね。

衛生兵のノムラが泣き始めたかと思ったら…(より)。

コイツがなんとガイアだったからビックリ! 最近はすっかり人格が統合されたみたいですな。

なんとなく板垣恵介先生が描いたも貼っておきますね。

で、本作の話ですよ。劇場でボンヤリと予告編を眺めた時は、「あら、今度のシャマラン監督作は多重人格モノなのね」と。僕はいわゆる「シャマラー」「シャマラニアン」「シャマラニスト」などと呼ばれるほどのファンではないけれど、監督の前作が超ストライクだったし、ジェームズ・マカヴォイ×多重人格で連想されるクズ刑事映画の名作も大好物だったので、結構観たくなりまして。ちょうど愛聴しているラジオ番組(略称:タマフル)の映画時評コーナーの課題映画になったこともあって、火曜日の会員サービスデーを利用して、で鑑賞しようとしたところ! 仕事のせいでチケットをムダにしましてね…(遠い目)。木曜日、悔し涙を流しながらポイントを使って、同劇場で無料鑑賞してきました。「あまり良い映画じゃないな… (´・ω・`)」って思ったり。

11番スクリーン、ほぼ満席でしたよ。

話を身も蓋もなく書いておくと、幼いころに虐待されたせいで23人の人格を宿すケヴィンの人格の1つ“デニス”が24番目の最強の人格“ビースト”を誕生させるために、3人の女子高生(a.k.a.穢れた魂)をモリモリ食べようと拉致! デニスを止めようとする他の人格からメールをもらった主治医のフレッチャー先生が怪しんだり、女子高生たちもそれぞれ逃げようと努力してみたりするものの、結局、フレッチャー先生&女子高生2人は死んじゃいまして。最後に残った1人は被虐待児だったので、「お前はセーフ!m9`Д´) ビシッ」と許されるも、「超人ビースト」と化したケヴィンは逃げてしまい、そのニュースをハゲのオッサン(の主人公ダン!)が意味深に眺めてエンドクレジットに突入。最後に「のダンvsのケヴィンを描く続編『グラス』が2019年に公開されます」的なテロップが出て、映画は終わってましたよ。

いろいろあって、ケヴィンは鉄格子を曲げられるほどの身体能力を発揮できる超人“ビースト”になりまして。

ラストは、の主人公ダンを演じたブルース・ウィリスが出てくるのです。

ちなみに「グラス」とはに登場したサミュエル・L・ジャクソンのことでございます。

まぁ、を観ていた人なら誰もが気付いたと思うんですが、が「スーパーヒーローの誕生譚」だったように、本作はの誕生譚」だったんですよね。予告編で壁を登るシーンを観てたから、“ビースト”になるんだろうとは思っていたけど、まさか本作とがするなんてまったく予想していなかっただけに(によるとの要素がいろいろと組み込まれていたそうな)、スゲー驚いたし、「自分&自分が作った世界観が本当に好きなんだなぁ (´∀`) ヤレヤレ」と笑っちゃいました。まぁ、基本的に好きな映画ではあるのです。

ケヴィンがビーストとなって、壁を登るシーン…。

を思い出したバキ読者は多いのではないでしょうか(より)。

ただ、とのを抜きで考えると、ごめんなさい、映画としてそんなに面白くなければ意外性もなかったというか。ここ数年の誘拐・監禁モノで先が読めなかったなぁと思い出すのはあたりですけど(小
説では乙一先生のが好き)、本作は登場人物たちの行動や話の展開が結構想定内どころか、グダグダに見える部分が多かったんですよね…。ラストで「救出された女子高生が黒人の女性警官を見つめる→今回の事件を機に、叔父に虐待されていたことを告発しようとする」みたいなムードは好きだし、とにかくブルース・ウィリスにはビックリしたけどさ、よくよく考えるとクロスオーバーのためだけの映画というか。

この子だけ「虐待されてた→穢れてない!」って助かってたけど、それもなんだかなー。

確かにジェームズ・マカヴォイの多重人格演技(9人分)や精神科医とのやり取りとかは良かったけどさ、映画全体を振り返ると、ミスリードするための要素みたいなのがあざとい気もするし、演出も冗長に感じるところが多かったし、に続いて“病気の人”の扱い方が乱暴に感じるし…。最後、「監禁されていたのは動物園の地下でした!(o^-‘)b ドウ?」なんてドヤ顔で見せてたのも、彼女たちの行方を探す側のシーンがないから結構どうでも良かったなぁと(動物ネタを話してたのが伏線(?)なんですかね)。あと、そもそも「を観てない人には何が何やら」という部分がスゲー酷いと思うところもあって。さっきは好意的に書いたものの、ハッキリ言って、「自分&自分が作った世界観が本当に好きなんだな ( ゚д゚)、ペッ」って感じたりもする…という複雑な男心。

「内緒だよ」なんて言いながら、まだ未公開の国があるのに自らを投下したシャマラン監督。

の二階堂ふみさんならこんな言葉を投げかけそうな気がします(勝手なコラージュ)。

そんなワケで、スゲー笑ったし、クロスオーバーに関しては「シャマランだからできたスゴいこと」だと感心しましたが(超楽しみではあるし)、これを知らないで観て「つまんね (゚⊿゚)」って罵る人を1ミリも責められない映画だなぁとも思いました。ちなみに、尊敬する映画評論家のがネタバレだなんだと物議を醸したみたいですが(僕は「ネタバレだとは思うけど仕方ないから自分でしようよ」派)、今夜ので宇多丸師匠がどこまで踏み込んで話すのか、非常に楽しみでございます。おしまい。

デジタル盤のサントラがありました。

M・ナイト・シャマラン監督作で一番好きなのはこれです。僕の感想は。

本作の前編にあたるM・ナイト・シャマラン監督作。彼の監督作の中では2番目に好きなのです。

ジェームズ・マカヴォイ×多重人格で連想したクズ刑事映画。僕の感想はこんな感じ。

有名なダニエル・キイスのノンフィクション。のおかげですっかり読んだ気分になってました。

「シャッフル」から「今晩のおかず」までを手広くカバーする巨大掲示板群

2016年11月某日

香取

「あー!もうやだ!

                   木村くんと不仲なんて

           有り得ないし!

     木村くんに貰った財布

                         今も使ってるし!」

中居

「何だよ

       ケンカ別れが面白い…つったの

                              お前じゃねーかよ」

稲垣

「だよねぇ~

          解散話の時に

                   誰にも引き留められないし

   今までのジャニーズでは

               無い事やろうよ!って

                                      言ったじゃん」

香取

「そーだけどさぁ~

               何で木村くんだけ悪者?」

中居

「それは いーべ

            木村が  俺が悪者!って

                            手ぇ挙げたんだし」

木村

「俺はほくそ笑んでるよ

          解散したら悪役できそうだし」

中居

「木村の悪役!

                      見てみてぇーなぁー」

草なぎ

「中居くん体調どう?」

中居

「あー大変!メッチャ汗かくんだよ

                       バーッて  ダラダラって」

香取

「ツヨポン

     来年のドラマ決まったんでしよ?」

草なぎ

「そーなんだよ!お陰さまで」

稲垣

「もうすぐ解散かぁ~」

中居

「だから、どーする?

                     って話だべ…今日は」

木村

「どーするって?」

稲垣

「何かする?」

木村

「でもケンカ別れは

                     最初の予定通りだろ?」

中居

「だよなぁ~

        今更、ホントの事は言えないしな」

草なぎ

「あれは?

            ベスト盤出るじゃん…CD

  そこにシークレットトーク入れてさ

            みんな  ありがとー!みたいな」

木村

「有りかもなぁ~

       ファンへはキッチリお礼言いたいし」

稲垣

「後は、スマスマの最終回

                              どーするかだよね?」

中居

「あれは俺がゲストの

               シャッフルビストロで

                              決まりなんじゃね?」

木村

「お前、何食べたいの?」

中居

「豚カツ!生姜焼き!カツカレー!」

香取

「またそれかよ!」

中居

「取りあえず

      周りのやりたいように進めて貰って

                       …それで…いいよな?

 俺達はケンカ別れで解散って

                                      決めたんだし」

木村

「まぁな

          ホントの事は言えないわな

                             俺達アイドルだし」

稲垣

「夢を売る仕事だし」

香取

「でも、アイドルがケンカ別れって…

                   今更だけど良かったのかな?

          今、ちょっと後悔してる」

中居

「いいんだよ!

どっちにしても25周年とか無理だったし

  ヘタにやっちゃっても

 次は30周年に向かって!とかなるし」

木村

「櫻井にさ

     SMAPさんが歌って踊ってるから

   俺達

   いつまでも止められないんですよー

              正直きついんですよー

                                         って言われた」

香取

「そうそう

           松潤にも言われた

   大野が弱音吐いたら

   スタッフに

    SMAPを見ろ!って怒られたんだって」

中居

「俺も大野に言ったんだけどさ

          ツアーを1年おきにして

                 走り回る構成止めて

   ソロの時間延ばして…って

         やってみ?って言ったらさ

              無理ですよーって泣いてたさ」

香取

「嵐はまだ無理だよなぁ~」

草なぎ

「まぁ、これで25周年一区切りとか

メンバーがほぼ40越えたら一区切りとか

                     前例作れたでしょ」

中居

「それでいいよな?」

草なぎ

「皆さんのいい様にしてもらって

                   今年いっぱいで終わって…」

香取

「SMAP解散!!」

 

草なぎ

「これからも

          今まで通り

              月イチでここで集まるでしょ?」

中居

「モチロン!」

稲垣

「だから…

             何でウチなんだよぉ~!」

                   


中居

(だよなぁ~

            本当の事は言えないよなぁ

     草なぎと香取が四十肩で

                木村が老眼で

                          稲垣が糖尿病で

      俺が更年期障害…

                   なんてなぁ~

         
                          俺達…アイドルだし)

     
                                                                 終

m(__)m m(__)m m(__)m m(__)m m(__)m

                  すみません

3種類のプエラリア配合バストアップサプリ【ボンキュート】

4161

コメントは受け付けていません。